×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [1]

Loading...

インド南アジアに位置し、インド亜大陸の大部分を占める連邦共和国である。パキスタン中華人民共和国ネパールブータンバングラデシュミャンマースリランカモルディブインドネシア国境を接する。

10億人を超える国民は、多様な人種民族言語宗教によって構成されている。ヒンドゥー教徒が最も多く、ヒンドゥー教にまつわる身分制度であるカースト制度の影響や差別は今でも残っており、 クラス(階層)や貧富の差が非常に大きい。このように多様な人々が存在するためインド人をひとまとめにして理解するのは難しく、貧富の差については「インドは貧しい国ではなく、貧しい人が多く住む国である」などともいわれる。

1947年イギリスの植民地から独立の際、それまでのインドは、インドとパキスタンに分裂した。その後、パキスタンの飛び地となっていた「東パキスタン」がバングラデシュとして独立している。

日本語による表記は、インド。これもまた、共和制であることから政体名を付加して、インド共和国とされることもある。また、連邦制をとっていることから、インド連邦としたり、稀にインド連邦共和国とされることもある。1947年の独立から1950年に大統領制に移行するまでをインド連邦、それ以降をインド共和国、と使い分ける人もいる。なお、日本の外務省ではインドとしている。また、漢字では印度と表記される。

歴史的に哲学が盛んな国であり、多くの優れた哲学者を生んだ。そのため聖賢の国とも呼ばれている。

多くの地域では雨期が存在し、三つの季節、夏、雨期、冬に分けられる。雨期を除いてほとんど雨の降らない地域が多い。

インドでは早い時期に農耕牧畜が発達したため、無制限な開発が行われ、それが土地の乾燥をもたらした。現在も放牧が行われており、植生が元に戻るのは難しい。ただし、全土が乾燥しているわけではなく、緑があふれている地域もある。ちなみに、木材の価格は高く、多くの場合豊富な大理石のほうが安く使える。

代表的な都市







この映画を初めて観たとき突然ダンスシーンが始まり正直びっくりしました。それも曼荼羅画のような極彩色の衣装で登場して「これでもか・・・」と言う位 場面も衣装も次々と変わって歌と踊りが続きます。衣装もダンスも「これぞ インド」という感じでカルチャーショックを受けました。

20歳で海外へのひとり旅に目覚めて以来、会社勤めのかたわら、有給休暇で旅を続けている旅の達人・たかのてるこ。今まで世界30ヵ国以上を訪れたという彼女が、インドを旅した際に撮影し、TV放映された映像をDVD化。ハチャメチャな行動ぶりが圧巻。

インドの古典音楽のコンピレーションかと思って買いましたが、インド風味のいつもの久保田ミュージックでした。長年インドに行くことを避けていたという久保田氏が現地ミュージシャンを使って違和感のない音楽を創り出す手腕にはお見事というしかありません。

ついに出たか…。幾度となく渡印している私たちリピーターに共通する感想でしょう。現地で外人から借りて情報を得ていたものが日本語で紹介されている。「歩き方」には載っていない自分だけの宝物をなにか横取りされたような気分です。

インドに関する本は星の数ほどあり、レベルもさまざまですが、 日本語で書かれたものとしては本書が最高峰ではないかと思います。 ほぼ三十年にわたるという著者のインド建築行脚の成果が 惜しみなく注ぎ込まれた本書ですが、その完成度は圧倒的です。 デザインや構成の上でも非常に優れており、 高品位の写真の量と、凝縮された情報の質を考えれば、 この価格は驚くほど安いと言えるでしょう。


インド神話の基本が矛盾なくまとまっていて、かつメジャーな神話が過不足なく紹介されていて、インド神話初心者でも安心して読める。あとがきでも著者はその辺を自負しており、かなり誇りを持って自薦しておられる。お堅い著作にしてはシンプルでわかり安いところがこの本の良いところであろう。
ねこぢる先生が旦那さんと二人でインドに行った時の体験談をマンガにした作品。絵はとてもかわいいのだが、そのインドの描写のなまなましい事。この作品をみて、すごくインドに行きたくなった。神秘の国インド。そこで起こる数々のエピソードは一見の価値あり!
この本に取り上げられている料理はどれも美味しく、比較的簡単に 作れて全くハズレがありません。 初めてインド料理を作る人も失敗無く作る事が出来ると思う。 その上写真が綺麗で本の値段も安いと思います。 最適な入門書と思います。試して見てください。
この本に出てくる料理でインド料理をもてなしたとしたら。すべてベジタリアン食だということに、もし指摘しなければ気がつかないでしょう。それくらい自然な菜食料理です。どれも手軽に簡単に作れるおいしい料理です。インド料理本を何冊も持っていますが、ヘーマさんのものが一番気に入ってます。「ピリッと辛い・・」も持っていたので、最初購入しようか迷いましたが、買ってよかったです。
濃厚な北インド、激辛の南インド…そのどちらでもない、非常にマイルドであっさりした、米と魚中心の(日本人の味覚に合う!)東インド料理の本です。 インド人シェフのレシピだと、複雑で、材料を揃えるのも大変な場合が多いのですが、この本の料理はとてもシンプルなので、毎日の食卓にどれだけ助けてもらったかわかりません。著者の本は他にも数冊出ていますが、これがいちばんおすすめです!
内容はおもてなしのパーティ料理・伝統的な家庭料理・食後のデザート&ティータイムのお菓子の3つにわかれています。簡単なパーティ料理は次のパーティに使えそうだし、家庭料理は今日からごはんに生かせそうな身近さです。インド好きな私にはお手軽なメニューが多いです。お気に入りの一冊。
毎日、アロマをたきながら聴いてリラックスしてます(^^)聴いているとなんだか気持ちいいんです。やっぱりインド音楽は落ち着くなあって感じ。もともと東南アジア系の音楽が好きで、CDショップで探してたんですがなかなかおいてなくて。。。ここならいろんなCDを選べるのでやっと入手しました☆
いろんなカレー本を持っていましたが、ついにどの本もこの本を入手した後には僕にとって必要がなくなったという本です。いわゆるいままで高級カレーでは不可欠と思われてきたコトコト長々と煮込むプロセスがなく、下ごしらえから出来上がりが早いというのが特徴です。実際に現地の家庭でカレーをゴチになった時も、そこの主人と一緒に帰宅してこっちが食べたいとリクエストしたカレーがサッと出てきたカラクリもこれで納得。長々と煮込んだりしない分再現性も高いですね。
アーユルヴェーダについて知りたくていろんな本を見比べましたが、あまりピンとくるものがないな と思ってた矢先にこの本に出会いました。 はじめにドーシャチェックというのがあってまずは自分の体質をチェックすることから 入っていくので学びやすいです。 アーユルヴェーダー的な生活リズム、食生活、セルフケアなども具体的なことがかかれてあるので とても助かります。 長く愛用できる大切な一冊です。ヨーガをしてる人には特におすすめ!!
初めての海外旅行でインド、それも一人旅。 空港に降り立ったときから、彼の悪夢は始まります。 白タクでまんまと身包みをはがされ、 また、町ではかわいそうだと思った人間にお金を貸して まんまと騙され・・・・ でも彼はどんどんたくましくなって行きます。 所々にある、仲能さんのマンガもいい味出しまくり!
これまで、貧乏旅行をした人のエッセイや体験記を読んだことはありますが、これはそんなうわっつらのものじゃなく、深いところでインド人とコミュニケーションをとっていたんだなと感じられて良かったです。 こんな旅をしてきた作者さんがうらやましくなりました。 写真も素敵だし、ストーリーもおもしろいし、インドへ行った事のある人にも、ない人にも、お勧めの一冊です。
TBS系で放映中の人気ドキュメンタリー番組「世界遺産」のDVDシリーズ「インド編」。今作は、18世紀初頭にインド中部のデカン高原に造営された仏教寺院群「アジャンター石窟群」と、世界最大の愛のモニュメント「タージ・マハル」を収録する。




 
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク