×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


目次 [1] [2]
[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

鎌倉(かまくら)は、神奈川県鎌倉市の中心部にあたる地域、都市である。神奈川県東部、横浜市の南、三浦半島の付け根に位置し、相模湾に面している。

12世紀末から14世紀半ばの1333年まで幕府がおかれ、飛鳥奈良京都などに次ぎ、日本の政治・文化に重要な位置を占めてきた。現在の鎌倉は、古都保存法によって乱開発が規制され、歴史的風土を残し、多くの古社寺や史跡が残る(ただし、奈良や京都などに比較して圧倒的に文化財建造物は少なく、国宝建造物は円覚寺舎利殿1棟のみ)。東京に近く、市が観光振興に力を入れていることもあり、観光文化都市として繁栄している。また、近代に入ってからの鎌倉には鎌倉文士と呼ばれる作家、美術家などの文化人の一部が住んだり、ドラマや小説などの舞台となったことがあることも特筆される。

康平6年(1063年)源頼義は由比郷鶴岡(鎌倉市材木座)に「鶴岡若宮」として、河内源氏の氏神である河内国石川郡壷井の壷井八幡宮を勧請した。この年は、源頼義が陸奥の安倍貞任を討ち、前九年の役が終結した翌年である。源頼義は、氏神として信仰する八幡神に戦勝を祈願していた。そして、戦いの後、京都郊外の石清水八幡宮に勝利を感謝し、本拠地の河内国壷井に壷井八幡宮を勧請し、河内源氏の東国進出の拠点である鎌倉に八幡神の分霊を祀った。これが今も鎌倉の中心である鶴岡八幡宮の起源である。

源頼朝が鎌倉入りしたのは、それから1世紀以上経た治承4年(1180年)のことである。頼朝の父・源義朝は、平治の乱(平治元年/1159年)で平清盛との戦いに敗れ、関東へ落ち延びる途中、尾張国で殺害された。これが初陣であった若き頼朝も殺されるはずであったが、清盛の継母にあたる池禅尼の助命嘆願で許され、摂津源氏源頼政一族の知行国でもある伊豆蛭ヶ小島へ流された。それから20年後の治承4年(1180年)、以仁王が頼政の嫡子の「前伊豆守」源仲綱を通じて全国の源氏に発した令旨 を奉じた頼朝は、流刑先の伊豆で平氏打倒の兵を挙げる。頼朝の軍は石橋山の戦い (神奈川県小田原市)では敗北して、いったん安房(千葉県南部)へ引き下がるが、ここで軍勢を整え、続く富士川の戦いでは平維盛らの軍勢を圧倒する。関東を平定した頼朝は父祖ゆかりの地であり、天然の要害である鎌倉に入り、大倉(大蔵)という場所に館を設ける。現在の鶴岡八幡宮の東方、清泉女学院小学校のあたりがその館跡で、ここは後に「大蔵(倉)幕府」と呼ばれるようになる。

同じ治承4年(1180年)、頼朝は八幡宮(鶴岡若宮。由比若宮)を由比郷鶴岡から小林郷へ移す。小林郷は現在の鶴岡八幡宮の所在地であり、「鶴岡」は地名ごと移動してきたことになる(なお、由比若宮の旧地には、今も「元八幡」という小社が残る)。以後、鶴岡八幡宮は鎌倉の象徴となり、都市計画は八幡宮を中心に行われた。寿永元年(1182年)には八幡宮の表参道が整備された。現在も鎌倉のメインストリートである若宮大路がそれである。当時、水田の中の道だった若宮大路は、石を積んで周囲の地面よりかさ上げする工事が行われた。現在「段葛」(だんかずら)と呼ばれている、両脇の車道より一段高くなった歩道はその名残である。





この本は鎌倉の町を歩くためのガイドブックであり、鎌倉の歴史や文化が詰まっています。タイトルのとおり、鎌倉を感じてわかる本なのであります。 鎌倉は武士の都であり、源氏と平氏の戦いの最中に生まれた都市であるとしています。その戦いと関連する歴史や文化がわかりやすく書かれています。さらに、文章と共に、その文を際だたせる写真があり、内容が一層わかりやすいのです。

普通のガイドブックでは絶対に出てこない鎌倉に出会えます。 この本に出会う前から、私は混雑が苦手なのでいつも「路地を一本入った」道を歩いてきました。ザワザワとした団体客が溢れる大通りでは絶対に分からない季節の花、風の音、古びた石塔にこそ鎌倉らしさは宿っています。鎌倉初心者を卒業した方、あるいは卒業を目指す方にお勧め。

実に面白い本である。若い頃から鎌倉に惹かれ、鎌倉を歩いて来た私であるが、この本を読んで、私は、自分が、いかに鎌倉について何も知らないかを痛感させられた。−−ほんの一例だが、そもそも、何故、鎌倉に大仏が造建されたのか?鎌倉大仏は、何故阿弥陀仏なのか?そして、何故、大仏は、猫背なのか?と言った興味深い事柄を、これほど分かり易く説明してくれるこの本が、単に鎌倉の古寺を案内する本でない事は、余りにも明らかである。

きれいで、内容豊富で、全体が上品で、私の大切な一冊です。カメラ目線もとても行き届いていて、私の求めていたカメラアングルが期待通りに構成されている「写真」がたくさんあって、大満足。長谷寺のサクラ、源氏山のサザンカの落花のピンクのじゅうたんなど、「これだ!」と思うものがたくさんありました。花々への愛情あふれる誌面です。

横浜の実家に帰省するときいつも手土産に悩んでいました。 そんなとき,書店店頭で目に飛び込んできたのがこのガイド。 パラパラめくると表紙とは裏腹に、鳩サブレー以外のおいしそうなものが目白押し。 鎌倉花仙のどらやき、おいしそー!と思い、さっそくお店へ。 大きくて買うにはちょっと勇気がいる鎌倉殿も買ってみたら、超美味でした。 この本のお〜〜かげで当分は手土産悩みが解消できそうです。

大人のための上質な情報誌として定評のある『サライ』編集部編の『サライの鎌倉』。さすがに内容が充実しています。通常のガイドブックではなかなか取り上げられない、骨董や能などの古典芸能・美術に関する情報も充実。中でも私が感心したのは、「鎌倉の美味しい店46軒」という記事。懐石料理や和食は当然のことながら、バーや喫茶店も含め、鎌倉の名店46軒を丁寧に紹介しています。

鎌倉の歴史についての本を探していましたが、たくさんの本の中からこの本を選んだのは写真を見ているだけでも楽しそうだと思ったからです。とても美しい写真ばかりですが、文を読むとさらに味わい深く詩的に感じられました。鎌倉の伝説はとても面白くて、誰かに教えてあげたくなるような話ばかりでした。

この本を読むまで観光地の人力車が嫌いでした。 わざわざここまで来て何故人力車に乗るの?とかなり馬鹿にしていたのですが、その考えがあっさりと変わってしまったのです。 特に読者が人力車に乗っている設定で鎌倉の名所を巡るところでは、まるで本当に著者の引く人力車に乗せられ、ゆったりとそして颯爽と走るその車上で流れる景色を楽しんでいるようでした。 季節ごとのお寺の楽しみ、鎌倉ならではのグルメ案内。地元を知り尽くした人ならではの情報も多く、一味違った観光案内としてもおすすめします。

本格的に穀物菜食の勉強を始めたら、そのメニューや料理の仕方の数々に精進料理の影響を大きく見ました。古来から伝わる伝統食として改めて見直してみると不思議ではないのですが、マクロビオティックを知ることによって本格的に料理に向き合うようになった私には種明かしをされた気分になった本でした。
有名人それぞれの人生がどのようなものだったのかを読むだけでも価値がある。バラエティーに富んだお墓の写真も面白い。著者が墓巡礼をはじめた訳も興味深い。もちろん、お墓の場所やその周辺の情報付きで、まさに完全ガイドである。 お墓に行くと、例えどんな有名人であろうとその人を独占出来る。なるほど、尊敬する作家の墓石に手を触れることが出来ると思うだけで鳥肌が立ってくる。 これを読んで、自分は確実に「墓参り」に対する認識と心構えが変わってしまった。
人形の魔術師川本喜八郎氏による連続人形劇としては、「三国志」が有名でかなり前からDVD化されていましたが、川本人形劇ワールドの全国の多くのファンが待ち望んでいた「平家物語」がついにDVD化され感謝!、感激!です。人形劇でありながら観ているうちに人形であることを忘れてしまうほど完成度が高い。この「人形歴史スペクタクル平家物語」は、吉川英治が描いた源平動乱の人間ドラマを人形劇化した、大人の鑑賞に堪える連続人形劇の最高美的到達作品と言えます。
 戦国時代が中心になりがちな歴史マンガ。その中で、光輝先生が平家物語について書いた作品。セリフが多いわけでもなく、分かりやすい。時代背景や事件の裏側についても理解することができるので、お勧めの作品です。
まんがですがすごいです。 私の家は社会の教師をしている父親がいるので、こういう歴史関係の本が、とてもたくさんあります。このような本もたくさん。小さい頃からこれをよく読んでいたので、小学、中学の社会の時間は余裕余裕。定期テストでも、80%が90点台です! 親しみやすいので、よく頭に残るんですよね。こういうマンガは。
鎌倉といえば大仏というイメージしかなかった私に、この本は鎌倉のいろいろなお寺や神社、仏像、そして鎌倉にいまも残る歴史の痕跡の数々を教えてくれました。 あまり観光客が行かないような寺社も載っていて、鎌倉の意外な面も覗けます。ひっそりとたたずむお寺は心静かな気持ちになれます。
京都の足利幕府の関東分家でありながら、本家に対して従属ではなく転覆の野望を抱きつづけてきた、鎌倉公方たちの有り様をまざまざと見せつけられ、探究心をそそられる内容である上に!?!!?末尾の参考文献で掲げられた古文書・古記録には、なんとルビが振ってあり、刊本の明記と、誰のどんな内容の文書かという簡潔な説明までついています! これはありがたい! 解説書まかせの歴史ファンを卒業したい人におすすめ!
品格のある図説カラー版の本書、当然のことながらビジュアルで見やすく構成されている。5章12節の冒頭に10行前後の本文が紹介されている。いわゆる「さわり」の名文にしたいところだが、場面展開になる一節を選ぶことになったのではないかと思われる。例文をどこを選ぶか、必然性はなく、選び方には異論があるかもしれない。「那須与一」の場面で「扇も射よげになったりける」で終わっているが、むしろその後の「よっぴいて、ひゃうと放つ」の所の方がリアリティがあるのではないか、とも言えよう。
 『平家物語』を主題に日本人が何を美しく思い、疎んだのかを解明した一冊です。両氏は古典の中でも『平家物語』がもつ後世への影響力は一際大きいと言います。それは政権を維持するために、豪奢を慎む自戒、武家たるもの武を尊ぶべしという自戒、そのうえで文を嗜まなくてはならないという自戒、位階が高く上がっても公卿の気風に染まらぬ自戒を後世の為政者に植え付けたためです。格調高く、かつ親しみやすく、庶民にもそらんじられた一編の物語が為政者の心構えの基本となったのです。
安野氏といえばヨーロッパの町並みや風景の絵が有名な画家なので、日本の古典の絵?とはじめは思ったが、平家物語の諸行無常という世界観と安野氏独特の構図(大きな自然に翻弄されているようにも見える小さな人物達)が非常にあっている。この本は間違いなく傑作だと思う。特に水の表現がすばらしい。あるときは静かに、あるときは嵐の波など刻一刻と変化する水が登場人物たちの心の動きまでも表現しているように思う。
「事典」とありますが、全体が50音順になっているわけではありません!例えば人物説明のところで事典の構成をとっていますが、そのために大変読みやすくなっています。ちょっとした裏ネタも盛り込まれていて、大河ドラマを見ながら読むと面白いと思います。そして、付録には琵琶法師の声が収録されたCDがついています。
1966年に初版が出たもので、久々の再刊だ。本書の面白いところは国文学者・民俗学者の角川と歴史学者の高田との共著である点。ご承知のように義経の生涯はほとんどが伝説に埋もれており、史実として確認できる部分は源平の合戦の数年間しかない。  誕生から弁慶との出会いまでを角川が、武将としての活動期を高田が、そして逃亡から死までを再び角川が執筆するという構成になっている。
大河ドラマの完全版DVDBOXの第弐集。壱とセットで絶対に手元に残したい一品! 鵯越の逆落とし・一の谷の合戦・屋島の合戦、もっとも悲劇的で見逃せなかった壇ノ浦の合戦。平家の公達たちと女人たちの悲劇の結末と…美しい合戦絵巻に圧巻です! 注目していなかった、清盛の息子たちの末路も丁寧に描かれていて、 見るたびに涙なしではみられませんでした。 特に、知盛役であった阿部寛氏には、重い殺陣シーンにも感動を覚えました。
小難しい映画評論は一切抜きで、すんなり小津映画の世界に入っていける。店の紹介が多いが、味は個人の味覚の問題なので言及しないが、行ってみるとなかなかいい感じに古くて雰囲気のある店が多い。エリアごとに章立てされているので、一章分で一日楽しむことができる。一風変わったデート本としてもオススメ。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク