×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

マイケル・ジャクソンMichael Joseph Jackson1958年8月29日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリー市出身の男性ミュージシャン歌手。身長176cm。エリザベス・テイラーthe true king of pop, rock and soulと称し、一般的には短くKing of Popのニックネームで呼ばれている。イギリスのゴシップ誌からはGod of Popというニックネームをつけられている。


ギネス・ワールド・レコーズでは史上最も成功したエンターテイナーとして認定されている。世界総売上げは7億5000万枚(2006年10月末現在)以上。エルヴィス・プレスリーやビートルズなどと同様に、音楽界における歴史上の天才の一人。ギネス記録は「全米シングルチャートで首位を獲得した最年少ボーカリスト(ジャクソン・ファイヴ当時11歳)」、「全米シングルチャートで初登場1位を記録した最初のボーカリスト(You Are Not Alone)」、「年間売上げ高が1億ドルを超えた最初のエンターテイナー(1989年、Forbes誌)」、「史上最高額の所得を得たエンターテイナー(89年に1億2500万ドル)」の記録を保有。アルバム"Thriller"に関する記録は「[ 1億400万枚]の世界最高枚数の売り上げ」「全米アルバムチャートでの最長期間首位(37週・サウンドトラック盤を除く)」、「最も成功した音楽ビデオ(100万本以上の売上げ)」というギネス記録を保有している。マイケル・ジャクソンは、現在8つの音楽界における世界記録保持者である。


マイケル自身はさほどひどい目にあわなかったと述べていたが「稽古中、父はいつも椅子にベルトを持ちながら座わっていて、間違えると叩れ、みんないつも緊張しながらレッスンをしていた」「ほかにはアイロンコードとか周りにあるものすべてをつかって、ときには僕らをありったけの力で壁に叩きつけ、母親があなた死んじゃうよ、死んじゃうよ、って叫んで止めたのを覚えている。ぼくは足が速かったから逃げられたけど、捕まえられた時は、本当にひどい目にあった」「父を見るだけで失神して、ボディガードに助け起こされたこともあった。すごく憎んだ。だから自分の子供たちには、絶対に手をあげないんだ」などと語っている。


クィンシー・ジョーンズと出会ってからはソウル・R&B、ポップなどを融合させた極めてクオリティの高い作品を発表。ポール・マッカートニーとのデュエットや「Beat It」でハードロックのギタリストを起用するなど、ジャンルや黒人・白人の垣根を超越した存在となった。


1987年の「BAD」、1991年の「Dangerous」ではニュー・ジャック・スウィングと呼ばれるサウンドを多用し、流行を牽引した。

1990年代後半になっても、マイケルは流行に安易に迎合する事を嫌いこのスタイルを保ったが、2001年の「Invincible」では同時代性を意識した曲を多く収録した。

ハードロックにも関心を示し、「Beat It」では、ヴァン・ヘイレンエディー・ヴァン・ヘイレン、「Dirty Diana」ではスティーヴ・スティーヴンス、「Black Or White」ではガンズ・アンド・ローゼズ(当時)のスラッシュを起用している。近年はギター・ヒーローが少ないせいもありなりを潜めているが、「Whatever Happens」ではカルロス・サンタナを起用している。


パンチの効いたボーカルを聴かせるアップチューンとは対照的に、繊細なハイトーンの美声で歌い上げるバラードにも定評がある。「She's Out of My Life」「Heal The World」「You Are Not Alone」他。

また、社会問題や地球環境といった問題を扱い、広く平和を訴える曲も多い。「Man in the Mirror」「Heal The World」「Earth Song」他。


マイケルのダンスは彼の最大の魅力の一つであると語る人は多い。1歳半の時には、洗濯機の鳴る音に合わせて哺乳瓶を片手に踊っていたと母のキャサリンは語っている。練習の際は「フレッド・アステアやジーン・ケリーを手本にしていた」と本人が語っている。「踊るときは何を考えているのでしょうか」という質問には、「踊る時に考えるのは最大のミス。感じることが大切なんだよ」と答えている。 「ムーンウォーク」は「ゲットーで踊る黒人の子供たちから」学んだものだと本人が語っている。また、初期のころから膝を曲げつま先で立つ独特なポーズを見せており、アルバムのフォトやムーンウォークの締めなどによく用いられる。帽子を投げるパフォーマンスでも知られる。

「オフ・ザ・ウォール」の頃はただ曲に合わせて踊るだけであったが、「スリラー」の頃には縦と横の激しい動きが出始めプロのダンサー達との競演も始まった。この頃はマイケルは技術的に様々なものを習得しており、フィギュアスケートのようなスピードのある回転技術も習得した。


さらに「バッド」の頃になると体の様々な動きをダンスに取り入れる事で、非常に完成されたダンスを披露できるようになった。この時期に同アルバムの楽曲smooth criminalのショートフィルム(マイケルにおけるPVの総称)で披露した斜め立ちはムーンウォークに次いで有名。このセンセーショナルな動きはアキレス健や背筋などを鍛えることで可能になるが、より大きく傾けてみせるためには靴の裏にフックをかける必要がある。このsmooth criminalは、ムーンウォークのBillie Jeanと並んでライブツアーでは必ず行われる内の最も人気なライブパフォーマンスの一つとなっている。このようにして、マイケルは歌手としてだけではなくダンサーとしても不動の地位を手にすることになる。


「デンジャラス」の頃には非常に速いダンスも出来るようになり、「Black Or White」ではその部分が放映禁止にこそなったが見事なソロ・ダンスを披露している。その後もラテン系のダンスなど様々なジャンルのダンスを取り入れることによって、年齢による体力の衰えを感じさせないパフォーマンスをしている。




流石マイケルとしかいえません。これが世界のレベルかぁ・・と、改めて驚かされました。 特にライブDVDは失神者続出という凄いことになってます。 マイケルは登場してからの数分間、仁王立ちしてるだけなんですが(ちょっと面白い) その間も地鳴りのような歓声が鳴り止みません。これがマイケル・ジャクソンのスター性なんですね。 名曲「スリラー」や「ビリー・ジーン」を始め、 "曲名は知らなかったけど聞けばわかる"という、超有名曲盛りだくさん。 マイケルファンならずとも、これは買いです。
マイケルのDVDナンバーワンズ(ほぼ内容がグレイテスト〜とかぶってる)のほうが低価格なのでそちらをさきに買ってしまったのですが、こちらのほうもオススメです!!なんていったってBADのロングverが見れるし、BLACK OR WHITEのパンサーverも見れます!!パンサーver気になりませんか!?糸色文寸見るべきです!!ナンバーワンズでは省略されてるから貴重です。 あとエディ・マーフィー共演のREMEMBER THE TIMEも見逃せないです。
今までDVD化されていなかったYou Rock My World(オフィシャルサイトで見たのと比べると前半のシーンは無かったです。マイケルとエディがバーに入ってくるシーンから始まりました。)、Dirty Dianaが見られてすごくうれしかったです! また、Smooth Criminalはヒストリー・オン・フィルム VolumeIIに入っているのとは少し違っていて、Blood On The Dance Floorもヒストリー・オン・フィルム VolumeIIに入っていたリミックスではない方が入っていました。CDと一緒に買って堪能しています。このDVDはリージョン1ですが、国内盤が出た時はぜひ!

リマスターされただけあって、音質は最高です。 ディスク1では、ブラックオアホワイト、ロックウィズユー、ヒールザワールドがオススメ!!今夜はドントストップなどは79年の曲ですが音質は最高といってよいでしょう。 ディスク2のオススメは2、3、5、9が良いと思います。 マイケルの曲をよく知らない方はこのアルバムから聴いてみてはどうでしょうか。
ジャクソン5の子供時代から今に至るまでの成長過程がよくわかる一枚。 2枚組になっているが、1枚目の方が個人的に好き。 「今夜はブギー・ナイト」、「シェイク・ユア・ボディ」の2曲は、自然と体が動くような躍動感あふれるナンバー。 マイケル・ジャクソンと言えば「スリラー」ぐらいしか知らない、という人にぜひ聴いてもらいたい。

マイケルがソウルを基本にした最後のアルバムになります。 そして、この次のアルバムがスリラーです。 カッティングギターや生ドラムといったクインシーのクインテット から駆り出された名プレーヤーが演奏をしていて、70年代な雰囲気を 盛り上げてくれています。 80年代以降のマイケルが好きなひとというより、フリーソウルや ファンクが好きな人が好むアルバムでしょうか? すごく渋いアルバムです。 でも当時、何気に1000万枚売れたらしいです。 さすがマイケル・・・

今や誰も敵わないほどのKING OF POPとなったマイケル・ジャクソン多くのゴシップや世の中からの仕打ちも成功したことによる反動によるものだ。だが、ソロデビューしてからの大人のマイケルになるまでに、既に大物アーティストとしての地位を確立していたことの証が今回のベストアルバムである。 本来ならジャクソン5としてデビューした時のI WANT YOU BACK(帰ってほしいの)からABCへと続くメドレーで収めるのが今までの初期のベストだが、ドラマ主題歌として日本でも知名度が急上昇したベンのテーマ(70年代に全米1位を獲得)がスターティングナンバーになっており、マイケル・ジャクソンのボーカルの初期ベストなのだということを強調したような内容になっている。

マイケルのことをあまりよく知らない人でも 「マイケルっていったらスリラーでしょ」っていう人なら多いです。 だったらマイケルのことがちょっと気になる人はここから初めてみるのもいいと思います。 そんな宇宙一有名なアルバムはマイケルファンのなかでも超絶賛されてます。 まさにこれを買わずしてマイケルファンは語れまい!ですよ。 最強ポップです。マイケルは本当にKing Of Popだと思いました。 Thrillerもいいですけれど、The Lady In My lifeやP.Y.T.も声がセクシーで聞くたびに彼の歌手的すごさを思い知らされます!

2つの録音が行われたわけですが、ここにはその2つの録音から7曲ずつ計14曲が収められています。1〜6・14曲目がライリーとの録音で、残り半分は前3作から続くクインシー・ジョーンズ組ともいえるミュージシャン達を集め、曲に応じてビル・ボトレル(この人は前作から)とブルース・スウェディーン(プロデューサーとしても活躍していますが、本業の録音技師の方でもかなりビッグになっています)を助手に使いながら作られたものです。で、お解りでしょう僕が心配は必要なかったといったわけが、7〜13曲目の質をみれば充分これだけでも大ヒットしていたはずです。

かって「ヒストリー、パスト、プレゼント」というベスト盤+新曲の2枚組で発売され、2枚組アルバムの売上新記録を打ち立てたアルバムのDISK1(ベスト盤部分)からなるアルバムです。 数々の売上記録を持つマイケルジャクソンのベストアルバムというだけあって、全ての曲がどこかで聴いたことのある大ヒット曲ばかりの豪華なベストアルバムです。 マイケルジャクソン入門としても適していますし、20世紀のミュージックシーンを知るという意味でも、多くの音楽ファンに聴いて欲しいアルバムです。

マイケルとしては、初めてプリンスの様に曲調が,全篇統一されたコンセプト性の感じを、出しているが、キー・ワードは、歌い方。バックのメロディは、パンクっぽい粗さも感じられ、それに乗せて、ヴォーカルが渦を巻いて、もうその歌いっぷりは、新生マイケルの魅力タップリ。炭酸ピリピリの、コカ・コーラの様な曲がズラリ。 そうゆう意味では、一部でライヴァル視されるボン・ジョヴィの諸作のとも、一脈相通ずるニュアンンスも感じられる、ヴォーカル風な側面もある傑作アルバム。77分間が、非常に短く感じられます。

欧米を中心とした音楽業界でアフリカ、中東、アジアをも含めた本当の「世界」で通用したアーティストというのはこの人だけだということが、よくわかる。別にひいきして見ているわけではない。逆に普通に見ただけに話なのだが、悲しいかな、日本ではそういう風に見られない。簡単に言うと、真の意味で「世界」で通用するとなると、マイケル・ジャクソンだろうと素直に読めば分かることになる。また、恐ろしいのは、ほとんど日記のように綴られているだけ。確かに、グラント氏の解釈も多少入っているかもしれないが、結果や業績は偽りようがない。  ジャネットの兄貴 としての認知度のほうが現在では高い、ここ日本で、この本を読んで、もう一度、再確認して欲しい。

初見の方は「なんだこれは?」と思うかもしれません。 と言うのは、前半の約36分はミュージッククリップ集、 後半の約50分が劇映画という、とても変わった構成をしています。 ミュージッククリップ集はマイケルジャクソンの好みなのか、 アニメーションと実写の合成が多く、凝っているので 何度見ても飽きません。後半の劇映画パートは、バットマンの ゴッサムシティのような街が舞台のSFファンタジーになっています。 こちらもビジュアルにお金をかけていて、当時としては 質の高いCGなども使われていて一見の価値ありです。







Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク